咬み合わせの問題。すなわち悪い咬み合わせがあると、ブラッシングはうまくいっても歯は長持ちしません。このような咬み合わせを外傷性咬合といいます。つめたり、かぶせた後、何か少し高い気がしたけど、使っているうちにだんだん気にならなくなったことはありませんでしたか。慣れたのではなく、外傷性咬合によって歯根膜がゆるみ、歯の可動量が増えただけかもしれません。

歯は根の周りに歯根膜という歯を固定し、しかも咬む衝撃を吸収する構造が有ります。
たった15/100ミリ程度の膜ですがとても大切です。
もしそれよりも大きな咬み合わせの誤差があると歯根膜やその周囲の組織は破壊され、固定はゆるみ歯がぐらぐらしはじめます。

歯と歯の間には5/100ミリ程度の間隙、根の周りには15/100ミリ程の歯根膜のクッションがあり、食べ物を咬んだ時、隣同士の歯が支えあって、咬む負担を分散しあっています。
※ただし一番後ろの歯はその後ろに支えが無いので 咬み合わせの 影響をうけやすい。実を言うと一番後ろにある第2大臼歯の寿命が歯の中で一番短いのです。第2大臼歯の長期安定が鍵(カギ)です。

かぶせた歯が低いか、咬んでいない歯があると、周りの歯に余分な負担をしいることになります。
咬み合わせの悪い歯や冠がかぶっていると、その歯だけでなく咬みあう相手の歯まで影響がでます。
抜けたままになっていると、隣りの支えとなる歯が無いので大きくゆさぶられることになります。


※実際は、1/100ミリ精度のチェックが必要です。

下顎安静位
姿勢を正しくして、唇を軽く閉じ、顎の力を抜いてリラックスさせると上下の歯は接触していません。
中心咬合位
下顎安静位から静かに上下の歯を咬み合わせた時、奥歯のみが均等に当たっているのが理想的です。
奥歯で咬んだ時、前歯が強く当たっていませんか。これが中心咬合位における前歯部の外傷性咬合です。
側方運動
(左奥で物を咬んでいる時)
中心咬合位から下の顎を左に移動させて下さい。
今まで接触していた上下の奥歯は離れ、左の犬歯をこすっていますね。それだったらOKです。いつまでも左の奥歯がこすっていたり、前歯や右の奥歯がこすっているのを、側方運動時の外傷性咬合といいます。右に動かすとどうですか。
前方運動
(前歯で物を咬むとき)
中心咬合位から下の顎を前に移動させて下さい。今まで接触していた上下の奥歯は離れ、前歯をこすっていますね。それだったらOKです。
いつまでも奥歯がこすっているのを前方運動時の外傷性咬合といいます。




 義歯の沈み込む量が歯と比べて大きいので両隣の歯の負担は計り知れません。
他に選択肢がなければしょうがないとして、できれば避けたい方法です。
大きな部分入れ歯であればあるほど、残された歯への影響は大きくなります。

3本分を2本で支えるわけですから、支えている歯にかかる負担は1.5倍になり、長期的にみると過負担になります。
支えになる歯を増やして、負担を軽くしていくか、他に選択肢がなければしょうがないですが、できれば避けたい方法です。
歯を失った時、3種類の歯の作り方が考えられます。咬合という観点からみるとどうでしょうか。

他の歯に余分な負担がかかりませんので、周りの歯に迷惑をかけることなく歯を作ることができます。
ただし、インプラントの適応か否かの診断が必要です。

むし歯や歯周病の進行度合い
咬み合わせの検査
顎の関節の検査
顎を動かす筋肉並びに連動する筋肉の検査
咬みぐせ並びに咬合慣性の検査
歯ぎしり、くいしばりなどの検査
咬合を改善するための矯正の必要性
これらの検査を参考にし、歯の健康を害する外傷性咬合のない機能回復(つめたり、かぶせたり、歯をつくったり)が必要です。