超接着技術の登場です。
 それには前提条件として、歯科の技術としては限界1/100ミリ精度で詰め物、冠を作る必要があります。でも細菌は 1/1000ミリですから、これではまだまだ解決になっていません
そこで、歯と詰め物や冠を科学的に結合させ、一体化させる技術(超接着)を使います。
どのくらい強く結合しているかといえば、両者を無理やり引き剥がそうとすると、歯の表面が破壊されてはずれるぐらいの結合力です。これで雨漏り(唾液中の細菌の進入)がストップできます。

超接着(科学的に結合あるいは、一体化したという言葉も使います)
この状態でブラッシングしてはじめてブラッシングの効果が期待できます