にはがあります。
そもそも、でみがけるのは、歯の表面のぐらい。
きちんと、正しく歯にブラシが当たっていても歯と歯の間など所がもあり、どんなに細かい毛の歯ブラシであっても無理です。歯ブラシでみがけない所は、などのを使わなければなりません。
そこで、は、してはじめてみがける可能性があるということになります。
次に歯ブラシは、を予防するためです。
すなわち、常存菌であるするために、なのです。
というもの同士です。
それをにして、やっつけようとするのはです。
面倒でも、べきです。
そこで、は、してはじめてが期待できます。

←CLICK!

←CLICK!