いつもいつもがあるとの状態になりいわゆるができてしまいます。
歯ブラシはでやるものですからは大体決まってきます。
の中にができると、それが舌の先でさわってがなくても、そしててもには顕微鏡でしか見えないような小さながポケットの中にできていると考えられます。あとはどんなに一生懸命ブラッシングしても歯からはがれた歯肉は再びではに歯と歯肉の間に一端歯石ができるとの状態になります。某CMのようには、ポケットの中まで歯ブラシの毛先は、はいっていきませんから、ブラッシング効果も出にくくなり、段々と深さまで徐々にポケットは深くなっていきます。これが歯周病の典型的な進行のメカニズムです。

ポケットの深さが3ミリ以上になると、ブラッシングの効果は疑問だと言われています。

ポケットが3ミリ以上の人は、ポケットを浅くするあるいは、はがれた歯肉を歯にくっつけるような治療が必要になってきます。